自毛植毛を選ぶ人が多いのは皮膚科学会でも認められているから

植毛

自毛植毛が流行の兆し

髪が薄くなることから髪を増やす施術をされることが可能となった現代で、やはり自分自身の髪の毛を育てることができるのは嬉しいことではあります。自毛植毛と呼ばれる施術では自らの皮膚や毛根にある組織を移植することにより、頭皮に新たな髪の毛を植えつけられるのですが、人口毛との違いは当然のことながら拒絶反応が起こりにくいということが挙げられます。
そこでメリット的なことをさらに挙げるとするならば、自毛植毛は人口毛とは異なり頭皮に副作用的要素を引き起こさないことから、定着さえすればカツラなどのように維持費が掛からないことが挙げられます。ちなみに一時的な拒絶反応が引き起こされない限りメンテナンスの心配もありません。そして最も嬉しいことには自毛植毛ですので、自分自身の髪の毛ということもあり安心感があること、さらに生える部分を変更しただけになりますので、基本的には半永久的に髪の毛が生え続けてくれることが挙げられます。
そして植毛というとすごく恐ろしいイメージを持たれるかもしれません。メスで切り、そして傷が残ると思うかもしれませんが、毛根周囲にある毛包に針で植毛していくので、安心して施術を受けることができるので、今後このスタイルの植毛が広がっていくのではないでしょうか。

自毛植毛は人工よりも注目されている

髪の毛の植毛スキルが進んでいますが、その中の代表的なもので自毛植毛と人工植毛というのがあります。自毛植毛は自分の毛を植毛するのですのですが、費用が高額になります。人工植毛の方が安上がりになるということで、それほど経済的に余裕がないと悩むところかもしれません。とはいえこの点に関しては長期的な視点で見ていくことが重要になるかもしれません。
高額とはいえ自毛を植毛することには大きなメリットがありますし、トータルすると安くなることもあるからです。例えば自毛植毛をすると、抜けてもまた生えてくるので、問題がないのですが、人工植毛だとそうならないので、再度施術をしてもらう必要が生じるので、その都度費用がかかるということになります。
ただ自毛植毛の場合には、手術の時にショックロスというものが起きることがあり、腫れたり、初期の脱毛が起きたりすることがありますが、少し我慢すれば改善されていくので、問題にはなりません。それで人工植毛の場合には、費用は安いですが、一時的な処置であり、肌荒れを起こしやすいという懸念や、剥がれたりしてしまうたびに修復が必要であることを考えると、自毛植毛の治療は勝っていると言えるのかもしれません。

皮膚科学会で認められている自毛植毛

後頭部から側頭部にかけて生える髪を移植する自毛植毛は、日本皮膚科学会で定められている男性型脱毛診療ガイドラインで勧められる評価を受けています。また、自毛植毛が医療分野で認められているのは、自毛植毛とフィナステリドとミノキシジルとなっています。フィナステリドとミノキシジルでは、消滅した毛根を復活させるのは困難とされます。けれども、自毛植毛は薄毛が進行して髪がまともに生えない箇所にも、自分の髪を移植することで髪が生える状態にすることができます。
なぜなら、自毛植毛は男性型脱毛症が発症し辛い箇所となる、後頭部の髪を移植する方法になるからです。その影響により、自毛植毛で植毛することにより、移植した箇所の髪はジヒドロテストステロンの影響を受けにくくなります。また、自毛植毛で髪が移植されても、後頭部に生える髪として生えるのでもともとの性質を受け継ぎます。
なので、自毛植毛で移植した後の移植箇所は、ヘアサイクルが乱れにくい髪としてはえます。そのため、歳を取っても植毛した後は健康でしなやかな髪が生え続けるだけでなく、太くて濃い髪が生える育毛環境を保つことができます。自毛植毛は、皮膚科学会で認められている医療方法であり、頭皮環境が健康であれば自毛植毛による頭皮への定着率が低下する恐れがないとされます。