自毛植毛を選ぶ人が多いのは皮膚科学会でも認められているから

植毛

自毛植毛についての説明記事

自毛植毛とは毛のない頭皮に髪の毛を植え付ける手術方法であり、植え付ける髪の種類は人工物か自身の後頭部の毛かで手術費用や方法も大きく変わる育毛再生手術です。人工物の毛髪を植え付ける手術では、自前の毛髪と比べると安価で行うことが可能です。ですが、人工物の毛髪を頭皮に移植した場合には、1~2年ごとに毛髪のメンテナンスを行わなければなならなかったり、人工物の毛髪が自身の体に合わず拒絶反応を引き起こす可能性もあるなど、それなりのデメリットも存在します。
人工物でない毛髪、この場合は拒絶反応を避けるため、自身の後頭部の毛髪を皮膚ごと切除し前頭部に移植します。切除した後頭部の皮膚は時間が経てば再生するので比較的問題はありません。生きている毛髪を移植するので人工物と違いメンテナンスをすることもなく、半永久的に頭皮に定着することが可能です。
デメリットとしましては、値段が人口毛髪移植と比べると、2倍から3倍の費用が必要となりかなり高額な金額を支払わなければなりません。そして、後頭部の毛髪を皮膚ごと移植するので、しばらくは安静にしなければならず、場合によっては数カ月程度頭に包帯を巻いていなければならないので、治療に時間がかかってしまうのです。