自毛植毛を選ぶ人が多いのは皮膚科学会でも認められているから

植毛

仕上がりが不自然になる自毛植毛

自毛植毛したら、仕上がりが不自然になりやすいのは生え際の植毛とされています。医師の手で行われる植毛だと、医師の技術と経験が大きく左右します。また、機械で行う植毛だとしても、医師やクリニックが持つ知識や技術が関係しています。ちなみに、髪の生え際は濃さと高さを判断した上で移植しないと、植毛しても周りからはカツラのように見えてしまいます。
とはいえ、自分の髪を薄毛が進行している箇所に移植する自毛植毛は、仕上がりが不自然になる事は少ないとされています。自毛植毛で自然な生え際に見せるには、真っ直ぐで一直線ではない髪と髪密度と濃さが他の箇所の髪と違和感がないことが重要になります。自毛植毛を受ける前は医師と相談することができますが、経験豊富なクリニックなら相談の際に生え際の施術例を多く紹介してくれます。
そのため、症例写真を見ることで失敗だと思う不自然な仕上がりが見つかったら、そこのクリニックで施術を受けるかどうかを判断することがポイントになります。また、自毛植毛した後でも脱毛が進行してしまい、植毛部分と自分の髪の部分に無毛地帯ができる可能性があります。植毛による髪の仕上がりを気にするなら、自毛植毛を受ける前のカウンセリングでしっかり相談することが大切となります。